チェッカーフラッグ利用規約 総則

チェッカーフラッグ利用規約(以下、「本規約」という)は、株式会社オートバックスセブン(以下、「当社」という)が運営するクラウドファンディングサイト「チェッカーフラッグ」(https://checkeredflag.jp 以下、「本サイト」という)の利用又は閲覧等を行う、個人又は法人を問わず全ての利用者(以下、単に「利用者」という)に適用されます。

第1章 基本事項

第1条(定義)

本規約において使用する用語の定義は、以下のとおりとします。
  1. 「本サービス」-当社が本サイトを通じて提供する一切のサービスをいいます。
  2. 「会員」-利用者のうち、第3条に定める会員登録手続を完了した利用者をいいます。
  3. 「プロジェクトオーナー」-会員のうち、当社が定める手続を行い、本サイトを通じて資金調達を行おうとする利用者をいいます。
  4. 「サポーター」-会員のうち、プロジェクト(⑧において定義します)に対して金銭を支払うために決済の申込をした利用者をいいます。
  5. 「当事者」-プロジェクトオーナー及びサポーターをいいます。
  6. 「支援金提供契約」-第6条に記載する当事者間の契約をいいます。
  7. 「商品等」-プロジェクトオーナーが本サイトを通じて利用者に提案する商品又はサービス等をいいます。
  8. 「プロジェクト」-商品等を現実化するとともに、サポーターへ提供するために、プロジェクトオーナーによって企画される計画等をいいます。
  9. 「プロジェクト成立」-プロジェクトごとにプロジェクトオーナーが設定する期間内に、プロジェクトオーナーが設定する目標金額を上回る会員からの支援金の支払申し込みがなされ、プロジェクトの実行が可能な状態になることをいいます。
  10. 「リターン」-プロジェクトが実行された結果、サポーターへ提供されることが決定した特定の商品等をいいます。

第2条(本サービスの内容)

本サービスは、プロジェクトオーナーがプロジェクトのサポーターの募集及び資金調達を行い、また、サポーターがプロジェクトに対して支援金の提供を行うことを、実現するためのクラウドファンディングのプラットフォームとして、当社が本サイトを用いてサービスの提供を行うものです。なお、本サイトに掲載され、支援金の募集が終了したプロジェクトに関連する商品等について、プロジェクトオーナーが、当社、当社と取引関係のある者又は第三者を通じ、本サイト以外においても製造及び販売等を行う場合があります。

第3条(会員登録及び退会)

  1. 会員は、本規約に同意し、別途、当社が定める所定の手続きを完了し、会員登録を行うものとします。
  2. 当社は、会員が以下の事項に該当する場合、当社の判断によって会員登録を拒絶することができます。
    1. 会員が未成年である場合
    2. 会員が過去に本規約に違反し、又は違反したことにより強制退会等の処分を受けたものである場合
    3. 虚偽の情報により会員登録する場合
    4. その他当社が不適切と判断した場合
  3. 会員は、別途、当社が定める手続きを行うことによって、退会することができます。
  4. 当社は、一定期間本サイト及び本サービスの利用が確認できない等、別途、当社が定める基準により会員を退会させることができます。

第4条(当社の役割)

  1. 当社の役割は、本サイト及び本サービスを提供するプラットフォーム事業の運営であり、また、それのみに止まります。当社はプロジェクトについて本サイトへの掲載可否を審査しますが、本サイトに掲載されたプロジェクトの企画、資金調達、支援金の提供、実行、リターンの提供及びお問い合わせ等本サイトの利用に伴い利用者に生じる一切の事項は、利用者に帰属いたします。当社は、利用者に対して、プロジェクトオーナー、プロジェクト、プロジェクトの成否、商品等について何らの保証や信用を与えるものではなく、プロジェクトの実行、変更、中断等について一切関与するものではありません。
  2. 利用者は、自己の判断と責任において本サイトを利用するものとし、本サイトの利用を通じて当社に対して何らの請求権を有するものではありません。万一、利用者においてトラブル等が発生した場合であっても、当社が仲裁又は解決のための何らかの対応を行うものではありません。

第5条(本サービスの変更、停止、中止等)

  1. 当社は、当社の裁量と判断によって本サイト及び本サービスを変更、停止又は中止等を行うことができます。
  2. 当社は、本サイト及び本サービスの提供又は変更のために本サイトを構成するソフトウェア、プログラム又はシステム等のメンテナンスを行うために、本サイト及び本サービスの提供を停止することがあります。
  3. 火災、停電、天災地変、戦争、内乱、暴動、労働争議等の不可抗力又は不正アクセス、悪意あるソフトウェア(いわゆるコンピュータウイルス)等の第三者からの妨害によって、本サイト及び本サービスの提供が困難と当社が判断した場合、本サイト及び本サービスの提供を停止又は中止します。
  4. 利用者が当社による本サイト及び本サービスの変更、停止又は中止等により、何らかの損害を被った場合といえども、当社は、その損害について一切の責任を負うものではありません。

第6条(支援金提供契約)

  1. 支援金提供契約は、プロジェクト成立によりプロジェクトオーナー及びサポーターを当事者として成立します。支援金提供契約は、プロジェクト成立とならなかった場合には成立しません。
  2. プロジェクトオーナーは、支援金提供契約が成立することにより、サポーターから提供される支援金を受領することができ、プロジェクトにおいて提案した商品等の企画・製造・実施等を善良なる管理者の注意をもって現実に行い、サポーターにリターンを提供する義務を負うものとします。
  3. サポーターは、支援金提供契約が成立することにより、支援金をプロジェクトオーナーに支払う義務を負い、その対価としてリターンを受領する権利を有するものとします。
  4. 当事者間において支援金提供契約が成立した後、プロジェクトオーナーによりプロジェクトの実行が停止、中断又は終了された場合、当該契約の解約、解除、変更及び支援金の返金等については、支援金提供契約ごとに当事者自らの判断と責任において協議解決を行うものとします。なお、プロジェクトの実行が停止、中断又は終了されること等については、プロジェクトオーナー自らの判断と責任によって行うものであり、当社は一切関与しておらず、何らの責任を負うものではありません。
  5. 支援金は、当社がプロジェクトオーナーのためにサポーターから支援金を受領し、当社からプロジェクトオーナーに引き渡されることとします。

第7条(禁止事項)

利用者は、本サイトを利用又は閲覧するに際して以下に掲げる行為を行ってはなりません。
  1. 当社又は第三者の所有権、知的財産権等の権利を侵害する行為
  2. 他の利用者、当社及び第三者に対する迷惑行為
  3. 本サイトの運営及び本サービスの提供を妨害する行為
  4. 当社の許諾なく本サイト上において広告、宣伝及び営業活動を行う又はそれらに類似する行為
  5. 法令、条例等に違反する行為
  6. 犯罪行為又は犯罪を助長する行為
  7. 他の会員になりすます行為
  8. 虚偽の情報を、本サイトに掲載し、又は本サイトを通じて発信する行為
  9. 暴力的な表現、猥褻な表現及び差別的な表現等の他者に不快感を与える情報を、本サイトに掲載し、又は本サイトを通じて発信する行為
  10. 政治活動、宗教活動、特定の思想を流布し、又は勧誘する行為
  11. 無限連鎖講、マルチ商法等を開設し、又は勧誘する行為
  12. 公序良俗に反する行為

第8条(個人情報)

  1. 当社が取得及び保有する利用者の個人に関する情報及び本サービスを提供するために必要な情報は、以下のとおりです。なお、ご提供いただいた情報の項目によって、ご提供できる本サービスの内容が異なる場合があります。
    1. 氏名、年齢、生年月日、性別、住所、電話番号、e-メールアドレス等
    2. クレジットカード番号又は銀行口座番号等の決済のために必要な情報
    3. ご意見、ご要望、お問い合わせ等によって会員から提供された情報
  2. 本規約に同意いただいた場合は、以下の利用目的のために前項に定める情報を当社が取得、保有、利用又は第三者に提供することに同意したものとみなします。
    1. プロジェクトのお知らせ、リターンの発送など、当サイトを運営及び管理し、本サービスを提供する目的
    2. 当サイトの運営についてのご案内を行う目的
    3. 商品等に関する問い合わせ、リターンのアフターメンテナンスに対応する目的
    4. プロジェクト、当サイト又は本サービス等の当社における評価分析等を行う目的
    5. サポーターの個人情報を、プロジェクトの進行状況、変更等のご案内、又はリターンの発送のためにプロジェクトオーナーに提供する目的
  3. 前項⑤に定める目的及び以下に定める場合を除き、当社は、個人情報を第三者に提供しません。
    1. 本人の同意があった場合
    2. 法令、条例等に基づく場合(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等社会運動標ぼうゴロ、又は特殊知能暴力集団等の反社会的勢力(以下、「反社会的勢力」という)の排除のために警察等の関係当局に照会する場合を含む)
    3. 利用者の生命、身体又は財産といった具体的な権利及び利益が侵害されるおそれがあり、これを保護するために個人情報の提供が必要であり、かつ、当該利用者の同意を得ることが困難である場合
  4. 当社は、利用者から提供された個人情報の開示、訂正、利用停止及び削除を求められた場合は、当該請求者が利用者本人であることを確認したうえで、適切に対応します。

第9条(知的財産権等)

  1. 本サイト及び本サービスを構成するものに含まれる商標権、意匠権、特許権、実用新案権、著作権、ノウハウを含む知的財産権等(以下、「知的財産権等」という)は、当該知的財産権等の権利を有するものに帰属します。利用者は、本サイトの利用又は閲覧等にあたって、何らの権利をも取得するものではありません。
  2. 利用者は、当該知的財産権等の正当な権利者の許諾なく、複製、頒布、送信、譲渡、翻訳、翻案その他の利用を行ってはいけません。
  3. 利用者は、本条の定めに違反し、利用者間又は第三者との間でトラブル等が発生した場合、自己の費用と責任において当該トラブル等を解決するものとします。

第10条(反社会的勢力の排除)

  1. 利用者が反社会的勢力であることが判明した場合、当社は、事前の通知又は催告を行うことなく、会員の強制退会を含む本サイトの利用中止等、適切な処置を講じることができます。
  2. 前項に定める処置を当社が行ったことにより、当該利用者に生じた損害について、当社は、一切の責任を負うものではありません。

第11条(免責事項)

当社は、本サイトの運営又は本サービスの提供において、利用者に対し、以下に掲げる事項について、その一切の責任を負うものではありません。
  1. プロジェクト成立及びプロジェクトが実行され、商品等の企画・製造・実施等が現実に行われること
  2. プロジェクト及び商品等が第三者の権利を侵害しないものであること
  3. リターンがサポーターに提供されること
  4. リターンが法令等又は業界団体等による各種規格若しくは規制等に適合すること
  5. リターンがサポーターの意図する機能、商品的価値を有するものであること
  6. 本サイトに掲載される情報が全て真実であること
  7. サポーターによる支援代金の払込
  8. 利用者における連絡等が常に可能であること及び当該連絡等の内容が真実であること
  9. 利用者において生じたトラブル等を解決すること
  10. 当社の責に帰すべき事由による場合を除き、利用者に生じた一切の損害
  11. 本サイトを利用又は閲覧等を行うことで、利用者のコンピュータが悪意あるソフトウェア(いわゆるコンピュータウイルス)に感染しないこと
  12. 本サイトからリンクされている外部のサイト及び当該サイトに掲載されている事項について確実、安全又は有用であること
第2章 プロジェクトに関する事項

第12条(プロジェクトの申込)

  1. プロジェクトオーナーは、当社が別途定める手続きに従ってプロジェクトオーナーとしての申込を行い、当社が承諾した場合に、本サイトにプロジェクトを掲載することができます。
  2. プロジェクトオーナーが以下に掲げる事項のいずれかに該当する場合、プロジェクトの本サイトへの掲載はできません。
    1. 当社においてプロジェクトオーナーの実在が確認できない場合
    2.  
    3. プロジェクトオーナーが本規約に違反したことがある場合
    4. プロジェクトオーナーから提供される情報に誤謬があると当社が判断した場合
    5. プロジェクトオーナーが反社会的勢力である、又はその恐れがある場合
    6. プロジェクトの内容が公序良俗に反する、又はその恐れがある場合
    7. その他、プロジェクトの内容が不適切と当社が判断した場合

第13条(プロジェクトの掲載)

  1. プロジェクトオーナーは、プロジェクトを掲載するにあたって本規約及び当社の指示に従うものとし、以下の事項について可能な限り正確に本サイトに記載するものとします。
    1. 商品等の内容
    2. プロジェクトのスケジュール(サポーター及び支援代金の募集期間並びに募集する支援代金の額を含む)
    3. リターンの提供方法
    4. その他当社の定める事項
  2. プロジェクトオーナーは、プロジェクト成立後、プロジェクトの実行状況等について、適時又は当社の指示により、当社の指示する方法により利用者に情報提供を行うものとします。特に、リターンの提供が可能となった場合は、速やかにその旨をサポーターへ連絡するものとします。

第14条(起案者の表明及び保証)

プロジェクトオーナーは、プロジェクトの掲載及び実行に際して以下に掲げる事項を当社及び利用者に対して、表明及び保証します。
  1. プロジェクト及び商品等に含まれる知的財産権等について、第三者の権利を侵害していないこと
  2. プロジェクト及び商品等の説明が正確であること
  3. プロジェクト成立の場合には、サポーターにリターンを提供するために最大限の努力を行うこと
  4. プロジェクト及び商品等が法令等に違反せず、第三者の権利を侵害していないこと
  5. プロジェクトオーナーが反社会的勢力でないこと

第15条(利用者からの連絡)

プロジェクトオーナーは、プロジェクトごとに掲載されるお問い合わせフォーム又は当社の定める方法により利用者からのお問い合わせを受け付けるものとします。プロジェクトオーナーは、利用者からのお問い合わせに対して、自らの責任において誠実に対応するものとします。

第16条(支援金の受領)

  1. 支援金は、本規約第6条第5項及び当社が別途定める方法により、次条に定める手数料等を差し引いた金額がプロジェクト成立後に、プロジェクトオーナーへ支払われます。支払時期は、各プロジェクトにより異なりますが、概ねプロジェクト成立後30営業日を目安とする当社指定の期日になります。
  2. プロジェクト成立後であっても、プロジェクトオーナーが本規約に違反していることが判明した場合、当社は、支援金のプロジェクトオーナーへの支払を中止又は保留することができます。プロジェクトオーナーの本規約違反について、相当期間を定め是正催告を行ったものの、当該違反が解消されない場合、当社の判断により、プロジェクトを終了し、支援金をサポーターへ返金することがあります。支援金の返金に要した費用は、プロジェクトオーナーが負担するものとします。

第17条(手数料等)

当サイト及び本サービスを利用するにあたって、プロジェクトオーナーが負担する手数料等は以下のとおりとします。その他に、プロジェクトオーナーにおいて、プロジェクトの企画、立案に伴う調査や試作品作成等の費用又はプロジェクト掲載の申込に際して生じる通信費等の諸費用については、プロジェクトオーナー自らが負担するものとします。なお、本サイトへプロジェクトを掲載するにあたって、プロジェクト成立とならなかった場合、当社への手数料は一切生じません。

区分

成立手数料

決済手数料

個人の方、又は設立後3年以内若しくは資本金3千万円未満の法人

0%

5%

上記以外の法人

5%

5%

(上記手数料は、プロジェクト成立の際に申し込まれた支援金総額に対する割合を指します。成立手数料とは、プロジェクト成立に対する手数料を意味し、決済手数料とは、支援金の収受に対する手数料を意味します。なお、成立手数料には消費税及び地方消費税が別途加算されます。)

第18条(類似行為の禁止)

プロジェクトオーナーは、本サイトを利用して、プロジェクトの掲載中及びプロジェクトの実行中において、本サイトに掲載するプロジェクトと類似のプロジェクトを、他のクラウドファンディングサイト、ECサイト、その他当社が本サイトと類似のサービスと認める他のウェブサイトに掲載してはなりません。

第19条(情報の取扱い)

  1. プロジェクトオーナーは、本サイトの利用及びプロジェクトの掲載並びに実行に際して得た当社及び利用者に関する情報を機密として取り扱い、第三者に開示又は漏えいさせてはなりません。
  2. プロジェクトオーナーは、個人情報の保護に関する法律の定めに従い、当社から受領したサポーターの個人情報を適切に取り扱わなければなりません。
第3章 支援に関する事項

第20条(支援の申込)

会員は、本サイト上にて当社が定める方法により、プロジェクトに対する支援金の支払申込を行います。なお、プロジェクト成立後のサポーターによる申込の撤回はできませんので、十分な検討の上で申込を行うようにご注意ください。

第21条(支援金の支払)

支援金の支払は、クレジットカード決済により行うものとし、プロジェクト成立の場合に確定します。プロジェクト成立とならなかった場合、支援金の支払はありません。なお、サポーターの利用するクレジットカードの発行会社により、支援金の請求又は支払がなされた後、請求の取消又は返金が行われることがあります。クレジットカードの代金請求時期及び利用明細に記載される内容等については、支援金の支払に使用したクレジットカードの発行会社にお問い合わせください。

第22条(返金等)

  1. 当事者間において支援金提供契約が成立した後、サポーターの都合による支援金の支払の撤回、キャンセル、返金の要求及びその他の請求を行うことはできません。
  2. 本サービスの特性上、支援金提供契約の成立後に、プロジェクトオーナーにおいてプロジェクトが開始されない場合、停止、中断及び終了する場合、又はサポーターの期待するリターンが提供されない場合等があります。そのような場合等が生じた時は、当事者間において協議解決を行うものとし、プロジェクトオーナーは、自らの責任と費用においてサポーターに対して支援金の全部または一部の返金を行うことを含む何らかの措置を行うことがありますが、当該措置の実施を予め約束するものではありません。なお、当社は、当該措置について関与するものではなく、当事者自らの判断と責任において行うものとします。

第23条(リターンの放棄)

サポーターは、プロジェクトオーナーから提供されるリターンについて、リターンを受領する権利を放棄する旨をプロジェクトオーナーに対して通知し、プロジェクトオーナーがこれを承諾した場合は、リターンを受領しないことができます。

第24条(権利義務の譲渡禁止)

サポーターは、支援金提供契約の成立によって自己に生じる権利又は義務を第三者に譲渡することはできません。 第4章 その他の事項

第25条(プロジェクト及び商品等に関するお問い合わせ)

プロジェクト及び商品等に関するお問い合わせは、プロジェクトごとに本サイト上に設置するプロジェクトオーナーへのお問い合わせフォームより、お問い合わせください。なお、プロジェクトオーナーが行うお問い合わせへの返答については、返答の有無を含め、当社は一切関与していません。また、返答内容について、利用者は自らの判断において利用するものとし、プロジェクトオーナーからの返答内容が正確性、真実性及び有用性を欠くものであったとしても、当社は一切責任を負うものではありません。

第26条(本サイト及び本サービスに関するお問い合わせ)

本サイト及び本サービスに関するお問い合わせは、以下に記載するメールアドレスよりお問い合わせください。なお、当社からの返答については、お問い合わせ内容等により、返答までお時間を頂く場合又は返答を行わない場合があります。 <ab7@checkeredflag.jp

第27条(課税等)

支援金の支払若しくは受領、リターンの提供及びその他本サイトを通じて行うプロジェクトオーナー又はサポーターの行為により、プロジェクトオーナー又はサポーターに納税等の義務及びその他の法令上の義務が生じる場合があります。それらの義務については、プロジェクトオーナー又はサポーター自らの責任において、適切な対応を行うものとします。

第28条(本規約の変更)

当社は、本サイト及び本規約に変更の必要が生じた場合、1日以上の予告期間をおいて本サイト(https://checkeredflag.jp)上において変更後の本規約の内容を利用者に周知することにより、本規約を変更することができるものとします。予告期間経過後は、変更後の本規約の内容が利用者に適用されるものとします。

第29条(本規約の有効性)

本規約の一部が法令等に基づいて無効と判断された場合であっても、本規約の他の定めについては、引続き有効とします。

第30条(準拠法及び裁判管轄)

  1. 本規約の準拠法は、日本法とし、日本法に従って解釈されます。
  2. 本サイト、本サービス及び本規約に起因し、又は関連する一切の紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
 

以上