停電時の備えに、ポータブル蓄電システム「BLUETTI」

プロジェクト概要

災害の頻発する時代に、エネルギーを備蓄することは非常に重要です。私たちの生活にあたりまえにある電気のことを、考えながらも、様々な活用が可能です。楽しみ学びながら非常時に備えることができるのがポータブル蓄電システムです。

達成率 :
0%
  • 目標金額

    ¥500,000

  • 達成金額

    ¥0

  • 残り

    47

共助で地域のみんなで乗り越える

近年、頻発する自然災害により全国的に防災意識が高まってきています。 私たちは、防災三助と呼ばれる「自助」「共助」「公助」の中で特に【共助】に着目し、[Imacoco Energy Station]という取り組みをしています。 「自助」「共助」「公助」からなる防災3助は、日本各地で言われ続けています。 非常事態には、当然自分の事を自分で守るための備えも大切ですが、家族や地域の皆さんで力を合わることも時には必要です。 2018年の北海道胆振地震では、札幌市内でも携帯電話の充電に数時間並んで10分程度の充電しかできなかったというお話も聞きました。
災害の規模が大きくなればなるほど公助でカバーできる範囲は少なくなっていくことも事実です。

蓄電システムを導入いただいているお客様や販売店の皆さんは、停電時にもソーラーパネルなどの発電手段があれば電気を作り貯めておくことができます。
その電力を可能な限り、近所の困っている方のために使うことで、地域の方々と助け合って難を乗り越えることができると考えます。 地域に開くことで近年希薄化する「地域とのつながり」を取り戻す一つのキッカケにもなります。

停電用の大きな発電施設を建設するよりも、地域住民がそれぞれできる範囲で取り組むことで、本当の意味での「共助」を実現できるのではないでしょうか?

今回のリターンの中には、このステッカーを同梱致します。自宅の玄関やポスト、電気自動車、蓄電システムなど目につくところに貼っておくことで地域への意思表示にお使い頂ければ幸いです。

機能
EB40

小型で軽量でどこにでも持ち運べるサイズ感が魅力的なポータブル蓄電システムの400Wh。使用時のイメージとしては、停電時にスマートフォンの充電数台分、夜間の照明、テレビ約1~2時間が使えます。100Wのソーラーパネルを持っていれば4時間程度で充電してしまうので、停電が長期化しても安心です。家庭用コンセントからの充電も4時間程度です。最低限の停電時の電気の備蓄に最適です。なんといってもEB40の魅力は「ジャンプスターター」の機能がついていること。特に寒冷地などの、車のバッテリーあがりが多発する地域などでは、車に積んでおくとあがってしまった車のバッテリーを一人で復旧することができます。
  • 蓄電容量:400Wh(11.1V、36Ah)
  • 最大出力:300W
  • 入力電圧範囲:14~40V
  • 充電: AC/DCアダプター(80W) PV(最大125W) Car Charger(12V/24V)
  • 出力波形:正弦波
  • 出力端子: AC出力▶AC100V出力×2口(50Hz・60Hz設定可能) DC出力▶DC12V/10A出力×1口 DC出力▶12V/5A出力×1口 USB出力▶5V/3.5A出力(2口)×3 Type-C出力▶QC3.0 18W MAX×1口
  • 重量:5.6kg
  • 寸法:幅234mm×奥行149mm×高さ280mm
  • その他:ジャンプスターター付き
  • AC50

    2019年グッドデザイン賞を受賞。デザイン性が高く、お部屋のインテリアの一部にもなることから、日常使いに向いているポータブル蓄電システム。さらに、ワイヤレス充電機能も搭載しているため、対応機種は置くだけ充電が可能に。500Wh容量なので、上記の400Whよりも少し長い時間使用できるイメージです。スマートフォン数台、夜間の照明、テレビ1~2時間程度の電気を使用可能です。
  • 蓄電容量:500Wh(11.1V、45Ah)
  • 最大出力:300W
  • 入力電圧範囲:14~40V
  • 充電: AC/DCアダプター(80W) PV(最大120W) Car Charger(12V/24V)
  • 出力波形:正弦波
  • 出力端子: AC出力▶AC100V出力×2口(50Hz・60Hz設定可能) DC出力(シガーソケット)▶DC12V/10A出力×1口 DC出力▶12V/3A出力×2口 USB出力▶5V/3A出力×4 Type-C出力▶PD45W×1口 ワイヤレス充電▶QI 最大10W
  • 重量:6.2kg
  • 寸法:幅260mm×奥行191mm×高さ196mm
  • その他:ライト付き、2019年グッドデザイン賞受賞
  • AC100

    AC50と同じく最新機種の1000Wh。蓄電容量1000Whで最大出力が600Wというスペックは、あらゆる電化製品を動かすことができるため、1台持っていると安心の1台。デザインもシンプルで、非常にバランスの取れた機種。背面についているライトも非常時にはありがたい機能。
  • 蓄電容量:1,000Wh(14.8V、67.56Ah)
  • 最大出力:600W
  • 入力電圧範囲:14~40V
  • 出力波形:正弦波
  • 出力端子: AC出力▶AC100V出力×2口(50Hz・60Hz設定可能) DC出力(シガーソケット)▶DC12V/9A出力×1口 USB出力▶5V/3A出力(2口)×2 Type-C出力▶PD45W×1口
  • 充電: AC/DCアダプター(100W) PV(最大400W)
  • 重量:15.6kg
  • 寸法:幅183mm×奥行390mm×高さ318mm
  • その他:ライト付き
  • EB180

    持ち運びを考えると、最大容量クラスのポータブル蓄電システム。クーラーや冷蔵庫を動かせるほどパワフルな機種。蓄電システムは大が小を兼ねるため、容量で迷ったら大きい容量のものを買うべし。最大出力が1000Wあるため、電子レンジや電気ポット等も消費電力の少ないタイプのものは使用可能。
  • 蓄電容量:1,800Wh(14.8V、101Ah)
  • 最大出力:1,000W
  • 入力電圧範囲:14~60V
  • 出力波形:正弦波
  • 出力端子: AC出力▶AC100V出力×2口(50Hz・60Hz設定可能) DC出力(シガーソケット)▶DC12V/9A出力×1口 USB出力▶5V/3A出力(2口)×2 Type-C出力▶PD45W×1口
  • 充電:AC/DCアダプター(160W) PV(最大500W)
  • 重量:17kg
  • 寸法:幅165mm×奥行394mm×高さ365mm
  • SKD200

    AC100V出力のない、200Whの小容量機種。小型軽量で持ち運びに特化しているため、非常時などの持ち運びはもちろん、持ち前の機動性を活かし、日常の中でも携帯電話の充電や間接照明などにも使うことができるポータブル蓄電システム。大きいものを据え置きにして、こういった小型機種を自由に移動させて日常使いすると非常に便利に生活できます。
  • 蓄電容量:200Wh(3.8V、52Ah)
  • 入力電圧範囲:12~25V
  • 出力波形:正弦波
  • 出力端子: AC出力▶なし DC出力▶13.05V、17.5V/4A、19V/3.5A出力×1口( ボタン操作で切り替え)、 ▶12V/4A×1口 USB出力▶5V/2A出力×2口、▶5V、9V/2A、12V/1,5A×1口
  • 充電: AC/DCアダプター(65W) PV(最大80W)
  • 重量:1.55kg
  • 寸法:幅38mm×奥行215mm×高さ125mm
  • 折りたたみソーラーパネル100W

    屋根に乗せるソーラーパネルと同等の性能をもち、折りたたんで持ち運びでき、折りたたみ式の架台が特徴のソーラーパネルです。屋根にソーラーパネルを取り付けられない方や、ソーラーパネルを持ち運んで安定した発電を得たい方には非常におすすめです。
  • 最大発電量:100W
  • 最大出力動作電圧:18V
  • 最大出力動作電流:5.56A
  • 開放電圧:21.6V
  • 短絡電流:6.16A
  • 重量:12.26kg
  • 寸法:高さ505×幅690×厚さ70mm(折りたたみ時)
  • 蓄電システムとは?

    蓄電システムとは、太陽光発電などの電源から供給される電気を蓄電し、貯めた電気を取り出し直流又は、交流に変換し使用するシステムのこと。

    ポータブル蓄電システムとは?

    従来の蓄電システムを、まるごとひとつのパッケージに収めオールインワンにした、持ち運びが可能な蓄電システム機器

    ◯長所
    ・小型で軽量、持ち運びができる
    ・ソーラーパネル、コンセント、シガーソケット(アダプターは別途。12V車はカーインバーターを使用)から充電ができる。
    ・細々した配線や工事が不要
    ・操作が簡単で、初心者にも扱いやすい。
    ◯短所
    ・使える電気の上限が決まっている。※上限があるからこそ電気の使い方を考えなければいけないという意味ではメリットでもある。
    どんな時に使えるの?
    ◯防災
    自然災害が頻発する時代だから、エネルギーは備蓄しておく。それがこれからのスタンダード。非常用だとしても、日頃から使うことで、いざという時に慌てずに済むのです。
    ◯CO2排出抑制
    電力会社から買う電気は、輸送や送電ロスなどにより、実際消費する電力以上のCO2排出し、環境負荷の大きいエネルギーなのです。この電気を少しでも再生可能エネルギーに代えるだけでも、電気の使い方が変わっていくと思います。
    ◯独立電源
    蓄電システムをつかうと、自宅で気軽に電気を自給自足することができます。また、ポータブルタイプだと、持ち運びが可能なため屋内外での様々なアクティビティに使うこともできます。
    ◯卒FIT対策
    大容量のソーラーパネルを活かし、蓄電システムを取り入れ、自家消費に使う。又は、売電は残しつつ、昼間の余剰電力をコンセントから蓄電し、夜間や停電時に活用します。
    ◯教育
    日常的に太陽のエネルギーを利用した蓄電システムを使うと、否が応でも消費電力(W)と消費電力量(Wh)を意識して使うことになります。学校で習った知識を実際の暮らしで活用するので、子供からも一目置かれる存在に。それが、家計のためにも、地球や子どもたちの未来のためにもなるのです。
    ◯UPS(非停電電源装置)
    充電しながら出力できるため、PCやサーバー、防犯機器などの停電時に急停止すると故障や、機能停止で困る電化製品全般に使うことが可能です。
    機能性-System-
    • 三元系リチウムイオンバッテリーを搭載。充放電の際の電圧降下が少なく、一度に大きな電力を取り出せる。
    • 入力は、AC100V(家庭用コンセント)、ソーラーパネル、シガーソケット(車種による)の3パターン。
    • 出力は、AC100V、USBポート、DCポート、ジャンプスターター(一部機種のみ)
    多様性-Scene-
    • 非常用電源、移動式電源、UPS(非停電電源装置)、アウトドア、キャンピングカー及び車中泊、エネルギーの自給、災害救護、仮設電源のない工事現場、発電機の代用、FIT及び卒FITユーザーによる余剰電力の備蓄用、福祉施設、病院、公共施設、避難所等・・・
    持ち運び-Portable-
    • 容量により重量やサイズ感は変わるが、持ち運び可能な重量で堅牢なボディと構造
    発電機との比較
    ポータブル蓄電システム
    特徴
    PC程度のファンの音
    燃焼しているわけではないので排気なし
    ソーラーパネルや家庭用コンセントから充電できる
    メンテナンスが不要(保管時は満充電から半年に1度は充電をしてください)
    消費する電力分だけを出力するため無駄が少ない(変換ロス等は多少あります。)
    充電しながらの放電が可能で、ソーラーパネルを併用することで、晴れていれば充電しながら使用することが可能。晴れている限り、蓄電容量を維持しながら電力を使用することができる。
    発電機
    特徴
    音が大きい
    ガソリンを燃焼する貯め排気ガスを放出し続ける。
    燃料が必要
    メンテナンスが必要で、ガソリンを入れたままにしておくと故障の原因に。
    常に一定の電力をつくっているため、必要以上の電気をつくっていることになり、燃料も生成されたエネルギーもロスしている。
    カセットガス発電機
    特徴
    音が大きい(ガソリン発電機と同等)
    大量のカセットガスボンベが必要(2本で1.1時間)
    常に一定の電力をつくっているため、必要以上の電気をつくっていることになり、燃料も生成されたエネルギーもロスしている。
    メーカーと安全性能

    海外メーカーだが、世界トップシェアを占めるメーカーのオリジナル商品。多くのOEM製品が、当メーカーの工場で製造しており、OEMの版代がかからないため、高性能を維持できる。また、世界中に流通しているため、世界各国の安全基準を満たしている。

    日本のPSE法によると、現在ポータブル蓄電システムは法規制の対象外となっている。(エネルギー密度が小さく基準に達していないため) しかし、日本の法基準に則った自主検査を行っており、安全性能は高い。

    製品保証は、製造日から2年間。

    蓄電システム運用のポイント

    蓄電システムを上手に使うコツは、大きいものと小さいものを組み合わせて使うことです。ポータブル蓄電システムも容量が増えれば増えるほど重量も増していきます。また、照明やスマホの充電などは、移動できたら便利なことも多いので、小さなバッテリーを活用し電気を分散しながら使うとより快適に電気を使うことができます。

    ポータブル蓄電システムとソーラーパネル

    ポータブル蓄電システムは、家庭用コンセントからも充電することができます。ですが、停電時にはもちろんコンセントからの充電はできなくなってしまいます。そんなときに、ソーラーパネルを持っていれば、晴れている日中限定ではありますが、電気をつくることができます。
    近年の災害は長期化することも多いので、ソーラーパネルから太陽光で発電することで、停電が長期化した場合の安心感と、少しでも環境負荷を減らすためにも、できる範囲で再生可能エネルギーを活用していく必要があると考えます。

    リターン

    ¥49,500

    使ってみよう!蓄電システムコース

    ポータブル蓄電システム400Wh「EB40」×1台
    [通常価格の5%OFF]
    [送料無料]
    [imacoco energy sta.ステッカー×3枚]

    1
    お届け予定日
    2020年 4月
    0 支援者

    ¥70,000

    たのしく使おう!アウトドアコース

    ポータブル蓄電システム400Wh「EB40」×1台
    折りたたみソーラーパネル100W×1枚
    [通常価格の9%OFF]
    [送料無料]
    [imacoco energy sta.ステッカー×3枚]

    2
    お届け予定日
    2020年 4月
    0 支援者

    ¥137,800

    はじめてみよう!電気の備蓄コース

    ポータブル蓄電システム1000Wh「AC100」×1台
    折りたたみソーラーパネル100W×1枚
    [通常価格の5%OFF]
    [送料無料]
    [imacoco energy sta.ステッカー×4枚]

    3
    お届け予定日
    2020年 4月
    0 支援者

    ¥229,500

    日常使いのグッドデザイン!最新型蓄電システムコース

    ポータブル蓄電システム
    1000Wh「AC100」×1台
    ポータブル蓄電システム
    500Wh「AC50」×1台
    折りたたみソーラーパネル100W×2枚
    [送料無料]
    [通常価格の10%OFF]
    [imacoco energy sta.ステッカー×4枚]

    7
    お届け予定日
    2020年 4月
    0 支援者

    ¥250,000

    大容量蓄電システムコース

    ポータブル蓄電システム
    1800Wh「EB180」×1台
    折りたたみソーラーパネル100W×2枚
    [SKD200×1台サービス]
    [送料無料]
    [通常価格の14%OFF]
    [imacoco energy sta.ステッカー×4枚]

    4
    お届け予定日
    2020年 4月
    0 支援者

    ¥298,000

    蓄電システム実用コース

    ポータブル蓄電システム
    1800Wh「EB180」×1台
    ポータブル蓄電システム
    400Wh「EB40」×1台
    折りたたみソーラーパネル100W×2枚
    [SKD200×1台サービス][送料無料]
    [通常価格の13%OFF]
    [imacoco energy sta.ステッカー×5枚]

    5
    お届け予定日
    2020年 4月
    0 支援者

    ¥443,000

    停電しても安心!蓄電システム三兄弟コース

    ポータブル蓄電システム1800Wh「EB180」×1台
    ポータブル蓄電システム
    1000Wh「AC100」×1台
    ポータブル蓄電システム400Wh「EB40」×1台
    折りたたみソーラーパネル100W×4枚
    [SKD200×1台サービス][送料無料]
    [通常価格の14%OFF]
    [imacoco energy sta.ステッカー×6枚]

    6
    お届け予定日
    2020年 4月
    0 支援者