クラウドファンディングの始め方。まずはプロジェクトの申請をしよう。

クラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げて資金を集めたい。でも始め方が分からない。すでに製品があるか無いかで申請方法が異なります。他サイトの事例も踏まえてご説明いたします。

こんにちは。チェッカーフラッグのブログ担当Aです。
認知度がますます上がっているクラウドファンディング。企業様はもちろん、個人の方でも資金調達の手段として使ってみようと考える方が増えてきました。
ですが、「クラウドファンディング」「手数料」「プロジェクト」「資金調達」と調べているうちに情報過多になってしまって、最初の一歩が遠のいてしまっていませんか?

そこで今回は、クラウドファンディングを始めてみたいけど難しそう・・・と消極的になっている方に向けてプロジェクトの申請方法を解説します。
手順を知れば、あら簡単!まずは申請だけでもしてみようと意欲がわくはずです

このページでは他のクラウドファンディングサイトの事例も踏まえてご説明いたします。サイトによって「クリエイター向け」「ガジェットが得意」など特色は異なりますが、申請の違いは大きく分けて2パターンのみ!すでに製品化されているか否かです。ご自身がどちらに当てはまるかによって利用するクラウドファンディングサイトも見えてきます。
なお、ここでは購入型*のクラウドファンディングに限定してお話しいたします。 *購入型とは、リターン(支援してもらったお礼、返礼品)として製品やサービスを提供することです。購入型は金銭をリターンに設定することはできません。

【1】すでに製品化がされている、または予定がたっている場合の申請方法

資金調達さえできれば製品化を進められるのでその資金を集めたい、すでに製品化しているけれどまずはテストマーケティングに取り組みたい等の場合があると思います。

このように、すでに製品化がされている、または予定がたっている場合はクラウドファンディングを始められる状態です。ただし、クラウドファンディングをするためには各クラウドファンディングサイトが定める審査に通過しなくてはなりません。

審査とは、「このプロジェクトで資金調達(またはテストマーケティング、プロモーション活動など)がしたいです。掲載できますか?」と申請し、その内容をクラウドファンディングサイト側が確認することをいいます。
すでに製品化がされている、または予定がたっている場合のプロジェクトの申請方法は主に2つです。

❶会員登録後にプロジェクトページを作成して申請する方法
動画や写真、説明文章を入力したうえでプロジェクト掲載可能か審査してもらう。
プロジェクトページの出来栄えによっては審査通過後すぐにプロジェクト掲載が可能。
審査結果の回答には1~10営業日かかるサイトが多い。
❷会員登録不要で相談フォームから申請する方法
相談フォームの設問(プロジェクトの目的、リターン内容、目標金額・・・)について入力し送信することで申請となる。
多くのクラウドファンディングサイトが申請から3営業日以内の返信を目安にしている。

審査基準を一般公開しているクラウドファンディングサイトはおそらく無いでしょう。独自の細かい審査基準を設けているサイトが多いことに加え、クラウドファンディングはまだ世の中に浸透していない新しい製品の掲載希望が多く、審査内容を明確にすることが難しいことも公開されていない理由のひとつです。

しかし公序良俗に反するもの、リターンの提供を遂行することが難しいと判断されるものは、どのクラウドファンディングサイトでも審査を通過することはできません。

どういったプロジェクトなら審査が通るかの判断材料として、プロジェクトを掲載したい人向けのページやよくある質問、利用規約を確認してから申請するとよいでしょう。もちろん上述の「❷会員登録不要で相談フォームから送信する方法」で相談することも可能です。
チェッカーフラッグは「❷会員登録不要で相談フォームから送信する方法」でプロジェクトの掲載希望を随時募集しています。

【2】まだ製品化の予定がたっていない場合

アイデアはあるけれどサンプルが出来上がっていない場合や、量産可能な取引先が見つかっていない場合は、上述した「❶会員登録後にプロジェクトページを作成して申請する方法」では審査が通らない可能性があります。
プロジェクト掲載に必要な情報が揃っておらず、審査基準に達していないためです。

ただし、上述した「❷会員登録不要で相談フォームから送信する方法」を採用しているサイトであれば、アイデアのブラッシュアップから製品化までのサポート体制が用意されていることが多く、クラウドファンディングのプロジェクト掲載に向けて相談を開始することができます。

まずは相談フォームに沿って、どういった製品・サービスを、何の目的でプロジェクト化して、いくら資金を集めたいのか、を入力し送信します。この時点では動画や画像、練られた説明文章などが揃っていなくても大丈夫です。
返信は多くのクラウドファンディングサイトが3営業日以内を目安にしています。チェッカーフラッグもご相談をいただいてから3営業日以内に返信いたします。

クラウドファンディングには興味があるけれどまだ実施したいプロジェクトの詳細が煮詰まっていない、どうやって始めたらいいか分からないという方は、まずは相談から始めてみてはいかがでしょうか。
ひと言で相談といっても、「支援金がいくら集まればいいのか分からない」「一緒にリターンを考えてほしい」「訴求効果のある動画を自分で作ることができない」「サンプルの金型が作れる工場を知りたい」など、多岐に渡ることが想定されます。

相談内容によってはサポート費用が発生するサイトもありますので、あらかじめ相談フォームにてサポート費用の確認をすることをお勧めいたします。
チェッカーフラッグはアイデアのブラッシュアップから生産・設計会社とのマッチングや、生産管理、販売管理の面でのアドバイスなど無料でサポートさせていただきます。

【3】まずは会員登録不要で相談できるチェッカーフラッグに申請してみよう!

チェッカーフラッグは、すでに製品化されているか否かは問わず、相談フォームより申請いただくことから始まります。
審査結果は申請日より3営業日以内にメールもしくはお電話にてご連絡いたします。
審査基準をざっくりお伝えしますと、下記のものはプロジェクト掲載をお断りさせていただいております。


  • 飲食物および医薬品
  • 宗教色の強いもの
  • 公序良俗に反するもの
  • カタチにして提供できるリターンではないもの(イベント開催や権利など)
  • 他のクラウドファンディングサイト、ECサイトなど、類似のサービスに同時掲載されているもの

アイデアはあるけれど自分ではどうやってカタチにしたらいいのか分からない。自社製品を多くの人に知ってもらいたい。
クラウドファンディングを始める理由はさまざまですが、チェッカーフラッグはご安心してお使いいただける優しいサイトです。プロジェクト化する製品はカー用品はもちろんのこと、まったくカー用品に関連しない製品でも結構です。

個人の方も企業の方も、副業で考えている方も。クラウドファンディングについて疑問等ございましたら、まずはチェッカーフラッグにお気軽にご相談ください。