EGG DRONEに付属のアクリル塗料でペイントしてみました

こんにちは、チェッカーフラッグのブログ担当Aです。 チェッカーフラッグにEGG DRONEの実物が届きました! 本物のたまごと同じくらいの大きさ・重さで、つい手の上で転がしたり握りたくなるフィット感。クセになりそうです。 […]
こんにちは、チェッカーフラッグのブログ担当Aです。
チェッカーフラッグにEGG DRONEの実物が届きました!
本物のたまごと同じくらいの大きさ・重さで、つい手の上で転がしたり握りたくなるフィット感。クセになりそうです。
下部のボタンを押すと一気にカシャッとアームが開きプロペラが出てきます(ワンタッチ機能)。
これも意味なく開いて閉じてを繰り返してしまう・・・えんぴつ回しやハンドスピナーに飽きた方にオススメしたい、予想外の使い方です。


さて、EGG DRONEの魅力のひとつである「好きにペイントしてオリジナルドローンに仕上げられる」というのが気になるところ。
簡単にペイントできるのでしょうか。
というわけで、付属のアクリル塗料でEGG DRONEをペイントしてみました。

まずは何色がセットされているかというと・・・
オレンジ色、緑色、水色、黄色、赤色の5色です。
細めの筆も1本付いています。


では、下書きもせずに直塗りします!


まずは水色でぬりぬり。

失敗など恐れません。この塗料は水拭きで落とせるのです。
軽く拭うだけでキレイに落ちます。
乾いてからでも大丈夫!


次に黄色でぬりぬり。
何を描こうとしているかお分かりになりますか?
海に浮かぶ太陽ではないですよ。

球体であるが故に、塗っている最中に手元がすべって転がってしまうかもしれません。
塗料で家具や洋服を汚す心配がある方は、扇風機で乾燥させながらペイントされると良さそうです。
とはいえ、扇風機なしでも乾くまでにさほど時間はかかりませんでした(水拭き出来きますし)。

さてさて、何を描いているでしょうかの正解は・・・



たまごから出てきたヒヨコちゃんでした!
(水浴びしているヒヨコちゃんでも可。)


下地が白なのでしっかり発色します。
5色あるので混ぜ合わせてオリジナルカラーを作ってもいいですね。


カメラの反対側にヒヨコちゃんを描いたので、目が合うように飛ばせば自分と同じ方向の景色が撮影できます。
これでワンキーリターン(ドローンが操縦者のもとへ自動で引き返す機能)を使ったら、まるでピヨピヨと親元へ帰ってくるようで絶対可愛い・・・。
塗る前より格段と愛着が湧きました。

途中、プロペラアームの溝に塗料が入り込んでしまうアクシデントが。
そのまま塗料が乾くと溝が埋まってアームが固定されてしまい、せっかくのワンタッチ機能が台無しになってしまいます。
もし固定されてしまったら切り込みを入れる感じで溝をなぞってくださいね。
※機体を傷つけないよう十分お気を付けください。

予想以上にワクワク楽しいEGG DRONE。
あなたなら何を描きますか?

皆さまのご支援、お待ちしております!